夜行バスの特徴

夜出発し朝方目的地に到着する夜行バスの車内では、多くの人が寝て過ごしています。
そのため狭い車内でより快適に過ごすための工夫が至る所にされているのが大きな特徴です。
まず設置されている座席が路線バスや観光バスのものと違い、ゆったりくつろげるよう座席の幅や間隔が広めになっているものがあります。
通常の座席の配置は横4列ですが、快適性を高めるために3列にしてそれぞれ独立して配置されているものや、更に少なくしてまるで飛行機のファーストクラスのようなシートが2列しかないものなどもあります。
座席の前後の間隔も広めになっていて、足元にはフットレストがあるので足を十分伸ばすこともできますし、リクライニングも深く倒すことができるようになっています。
座席が独立していて隣の人と体が触れないようになっているだけでなく、カーテンなどが付いていてプライベートの空間を確保できるようになっていたり、専用のテレビモニターが付いているものもあります。
夜行バスといえども快適性はかなり高くなっています。



◯●◯格安バスの予約サイト◯●◯
リンクメニュー